HP管理者の自己紹介
昭和8年(1933年)生まれ
 西武池袋線中村橋近辺で幼年時代を過ごし、戦時中群馬県妙義山麓に集団疎開(創作の「蟲と少年」参照)。練馬第2小、都立20中、都立大泉高校を経て、昭和31年 東京大学文学部英文科卒業。大田区立大森第七中学校(9年)、都立雪谷高校(8年)、都立大泉高校(21年)で、通算38年間、英語科教諭として教鞭をとる。定年退職後、嘱託として都立清瀬東高校に勤務、現場での英語教育、生徒指導に徹した。また労働運動に理解を持ち、組合活動にも積極的に参加。平和教育、民主主義教育に関心が強い。
 完全退職後、居住地の管理組合や自治会の活動にも加わり、また在職時代から関心を持っていた演劇鑑賞運動に興味を持って、練馬区に事務所のある「ねりま演劇を観る会」でボランティアとして運営に参加、現在元気に活躍中。
 間もなく72歳の誕生日を迎える。   (2005・5・17記  高橋健三)
 
 上記の自己紹介をしてから2年を経て、74歳となった。演劇鑑賞会の役員は降り、現在自分のサークルの運営だけをやっている。このような自覚的ヴォランティアをエネルギーとする文化運動の難しさはますます重さを増しているが、それだけ大切な活動になっているとも言えるのだ。「孤独流れ星」の時代には、様々な連帯が天空の見通しを良くさせる。地元の管理組合や自治会の活動も一段落つき、今は、老人会組織である「みどり会」に協力している。しがない一老人としての社会関与となって来た。皆の中の自負を誇りとして生きて行きたい。この「たそがれ」は感傷ではなくこれからの歩みを確かめるペンライトであると思っている。(2007・10・23記)

 上記の付記をしてから、もう4年目を迎える。2010年の大晦日に「たそがれの記」の訪問者は延3万人を超えた。密かな声援のお陰と考えて、心から感謝している。単なる身辺雑記で変わり映えはしないが、心もとないヨタヨタ歩きの軌跡は読みとれるのではないか。今年は78歳になる年を迎えることになる。去年から「年賀状」を廃して、ネットでのご挨拶だけにさせて戴いているが、今年も沢山の賀状を戴いた。手にとって見て、賀状も良いものだなとあらためて思う。復活するのも節操が無いのでこのままで行くつもりだが、残念なのはパソコンに馴染みが無く、「新年の言葉」すら見て戴けない方が居られることだ。心から失礼をお詫びしたい。(2011・1・1記)
表紙に戻る