前号からの、繋ぎの    ご挨拶

  いろいろな事がありました。 NIFTYの編成替え、OS・VISTAのメンテ切れ、「ビルダー」の不調、HPサーバーへの転送の登録不備、何度、「たそがれの記」の継続を断念しようと思ったか知れません。でも、N氏、恒兄などのアドバイスのお陰で、何とか継続の可能性が出てきました。それが、今後読んでくださる皆さんや、社会のために、何の役に立つのかと聞かれれば、僕は黙ってしまうでしょう。余生の僅かになった僕の、儚い「残り火」を燃やし続けようという自己満足に過ぎないのです。それでも、毎日何があって、それを自分がどう考えたのか、どのように仲間に伝えたのか、家庭の変化の中で、今後の日本の家がどうなってゆくのか、僕の家族は、どのように生き続けるのか、世の中や世界が、どのように変わって行くのか、何も変わらないのか、それらを書き残したいと思っています。

  北朝鮮の核装備熱狂の動きに備えて、世界中が、核戦争開始か? という恐怖を抱いている。半信半疑の中で、まるで、幻想を見ているような状況が続いている。そんな恐怖をバックに書いてゆくのだ、と思うと、実にしんどい。しかし、どんな時代に生きることになるかは、自分では選べないのだから、仕方ない。

  どうか、これまで同様、今後もお付き合いください。皆様のご健闘を祈ります。

                                (2017.4.30. 健三)

                 
                     67歳の頃の僕。今の僕は、絵にもならない。


  健三の 「たそがれの記」(83)
       2017年5月〜6月

5月27日(土)

 一時、日差しが見られたが、その後は、昨日と同じような曇り空

  明日、ダービーが行われる。 果たして、馬たちにハッピーな天気になるだろうか。今日の東京競馬場は、重馬場であった。予想の輪郭は、ほぼ出来上がった。しかし、条件が万全に揃って、死角なしという馬はいない。2400Mという距離との関係から見ると、力が一番ある、と予測できるのは、18番アドミラブルであろう。レースの状況を観察すると、中段から、やや下がっても、もう少し上がっても、ゴール前の上がりは、かなり高速なので、トップの馬に迫ることは、充分可能だ。ただ、ダービーのトライアルとされる「青葉賞」に勝った馬は、本番は勝てないというジンクスがある。その上、枠順が大外というのも、不利な条件だ。。このジンクスを、打ち破る力や、多少の距離を持たせる力は、ルメールやデムーロなど、ベテランの外国人騎手には、十分備わっている。4勝している7番アルアイン、2000Mを3勝している12番レイデオロ、日本人のベストジョッキーの一人・戸崎の乗る快速馬ペルシアンナイト、などにも十分チャンスはある。しかし、僕は、敢えてジンクスを無視して、大外18番アドミラブルに勝利を期待したい。

 馬券を買う人には、へそ曲がりが多い。ジンクスがあっても、それを無視して、購入馬券を決める人も、かなりいる。明日のダービーも、僕と同じに、アドミラブルに白羽の矢を立てた人は、結構多いらしい。4,1倍で、1番人気だという。枠順が良ければ、断然の人気馬になっていると思う。1着アドミラブル、2着ペルシアンナイト、3着アルアインで決まれば、満足できるが、そう上手くは行かないだろう。


5月26日(金)

 一日、小雨がぱらつく、好転の兆し、まったくなし

  使えなくなった書斎の電灯の笠を、処理する。やや大きめなので、回収されたかどうか心配だった。夕方になって、結果を確認し、ほっとする。和子は、小雨そぼ降る中、みどり会のカラオケサークルに出かけていった。

  ダービー週の、データを打ち出し、予想の準備を始めた。ダービーには、ディープインパクト産駒が、4頭出走する。6番サトノアーサー、7番アルアイン、13番カデナ、フルゲート大外18番のアドミラブルの4頭だ。勿論、ディープインパクト産駒以外にも、有力馬は揃っている。距離的には、最近、阪神と東京で2400Mを勝っているアドミラブルが強そうだが、大外18番というのがどうだろう?乗り手のデムーロがその不利をどう有利に展開できるかが、ポイントになるかもしれない。一頭一頭の走るムードと、乗り手の手綱さばきが、鍵となる。過去のレースの動画から、ヒントを得た上で、もう少し考えてみたい。


5月25日(木)

 暗い曇り空、黒くぬれた道路を眺めながら、朝を迎える

  恒兄から、メールが入る。先日の会の記録ビデオを送ってくれたらしい。今までに経験したことのないやり方なので、ちょっと面食らった。指示通りの宛名から、ダウンロードしようとしたが、それが出来る働きが、僕のパソコンには、入っていないらしい。そのためか、それを可能にするソフトを取れという指示が入る。しかし、それがどうやら、アップル用のソフトのようで、ウインドウズだけを使ってきた僕には、手に余る。しかし、それは、恒兄も承知の筈だ。だから、そんなことを求めるだろうか。何か、僕の勘違いかもしれないと、作業を中止した。多喜子にも、送っているようだ。彼女は、見られたのだろうか。考えてみると、ネットで、ビデオ画像を受け取るというのは、初めての経験だ。細かく、教えてもらってから、ゆっくりと見ることにする。恒兄のメールを、丁寧に保存した。

 一週間が、風のように過ぎ去り、いつものように、馬予想が待ち構える週末を迎える。今週は競馬の頂点である「ダービー」のある週だ。「目黒記念」と同時開催だ。次の週は、もう「安田記念」が、開催され、夏競馬へと、舞台は移る。ダービーには、5頭ほどの、ディープインパクトの仔らが、登録されている。どんなレースになるのだろう。恐らく、今まで余り名を知られていない、インパクト2世が、いきなり登場するのではないか。だが、僕自身、その名馬の卵たちの名前すら覚えていないのだ。例年と異なり、僕自身の関心が、一寸薄れているのかもしれない。最近は、余りにも、予想と現実との開きが大きすぎる。 そのために、自分の不明を恥じるよりも、恨めしさのほうが勝り、気分が白けてしまうのだ。いつもなら、どこかに閃きを感じさせてくれる予想ソフトのデータも、最近は、無力で空しい数字の羅列に見えてくる。気を取り直して、予想はするが、ここに載せるのは、土曜日の夜になるだろう。


5月24日(水)

 朝のうち、青空が微かに見えたが、次第に色を失い、雨雲に変わって行った

  昨日に比べると、やや低めだが、気温は、もう立派な夏の領域に入る。 間もなく、嫌と言うほど、連日、真夏日の訪問を受けることだろう。兄や妹も、この夏を上手くやり過ごして欲しいものだ。長生きの秘訣は、超暑い時、超寒い時を、上手くいなして、重い病気に罹らず、合間の息継ぎの季節に、巧みに逃げ込むことだ。 僕も、ここまでは、何年も長いこと、病気で寝込むこともなく、ずっと、熱も出さずにやって来た。若い頃よりも順調に来ている。向きになるより、淡々と呟くように生活するのが良さそうだ。恒兄が、米寿のラインに突入したし、妹の多喜子は、早生まれで、3月に既に、82歳になっている。和子は、6月に、79と、大台手前に差し掛かる。ゴール前並んでの力走となる。皆が元気でいる限り、抜くことは出来ないので、気持ちの上では、一人ずつの持久走と同じだ。お互い、静かに、黙々と頑張ろう。

  6月の「ポピー会」の案内状を作った。梅雨の季節になり、紫陽花が、綺麗に咲く。これをテーマにデザインした。1句添えて、
       「悲喜揺らぎ 紫陽花心 棲みつきぬ  健三」  とした。
先月は、鯉幟をテーマにして、
       「紺青を 叩いて寄り添う 夫婦鯉   健三」 と仲の良い所を見せた。

  カラオケ会を引退してからも、案内状作りを引き受けている。ポピーのママが俳句を勉強している。メンバーにも、3人ほど句を楽しむ人がいる。僕も下手ながら、<句のようなもの>で、遊んでいる。毎月一度だけの句作のチャンスだ。最近は、詩作のほうは、疲れるので、書かなくなって来た。


5月23日(火)

 真夏日になる地域が、日に日に広がって来た

  晴れ、暑くなって来る最中、和子は、コーラスの練習に出かけて行った。出掛けに「眼鏡がない」と言って、大騒ぎしていた。紫外線よけのサングラスだ。僕も手伝って探したが、どうしても見つからない。外で落としたのではないか。 最近、彼女は物忘れが酷く、頻繁に、失せもの探しに大童だ。もともと、片付けや整理は苦手だが、歳とともに、この傾向が、増して来ている。

  夏日が増えてくると、僕には辛い。体中が、だるくなり、生活意欲が減少してしまう。 そんな中、英国の野外コンサート会場で、自爆テロがあり、20人近い参加者が、亡くなった。ISの若者たちは、何を求めて、このようなことをするのだろうか。自分が死にたいのなら、一人静かに死んで行く方法はいくらでもあるだろう。関係のない人々を道連れにすることを、何とも思わないのだろうか。騒ぎを起こして、何を訴えたいのか、これでは、理由なき殺人を印象付けるだけだ。政治的にも、宗教的にも、意味不明の行動で終わってしまう。日本でも、戦争中は、特攻隊が自爆して、敵の船を爆破しようとした。戦場の只中で行われた戦闘行為である。しかし、平和な音楽会を楽しむ民衆に対して、いきなり死を突きつけるやり方は、狂気ではないのか。しかも、宗教的なバックがあるとすれば、信者仲間をたぶらかし、いたずらに死に走らせている。しかも、まったく無関係な生命まで、道連れにさせているのである。宗教とは、何なのかと言いたくなる。この派の宗教的指導者は、この行動を止めさせる責任がある。宗教の存続にかけても、教義の読み違えとして、是正する義務があるだろう。イスラム教は、決してそんな宗教ではないはずだ。時代の変遷とともに、様式の一部を変更することは、恥ずかしいことではない。むしろ、伝統に、形式的に縛られたり、勝手に政治的に利用したりすることは、宗教の教えに背くことである。大胆な現代化は、教義を一層洗練化し、現実化することにもなる。こうした、無分別な大量殺人行為を野放しにしておいては、ただ憎しみと殺意を、教義と取り違える若い信者を増やすだけだ。指導者の賢明な判断と行動を期待したい。


5月22日(月)

 晴れ、本日は、夏に踏み込まれ、座り込まれた感あり

  一週間を振り返ると、侘しくなる。来週への踏ん張りに、努力しなければとも感じる。しかし、今日の僕には、余り喜びはない。ただ、老齢の中で、何か掴みとリたい暗号が欲しい。ひとつの現象に対して、踏み止まる足場が欲しいのだ。しかし、世界は、どんどん変わっている。一人一人の気持ちの収まり所は、それぞれ勝手だが、世界の人間の命がどうなるかの問題については、勝手に決められては困るのだ。一生のうちで、最初の四半世紀で、実例を見せられ、次の四半世紀で、虚しい空想を描かされ、次の四半世紀で、同じような人生の繰り返しを予測させられる。こんな悪循環法則は、誰が決めたのだろう。これでは、余りにも虚しいではないか。これが人間の能力の限界なのだろうか。

  テレビでは、大きく取り上げていないが、「天皇の生前退位」の問題で、毎日新聞が、一面トップで報じたことを知った。退位規定検討の過程で、議論されたことに関して、天皇が、安倍内閣に対して、不快感を表明したという内容だ。僕は、その記事を読んでいないので、何とも意見を言えないが、大分前に、僕と同い年生まれの天皇は、同世代人として「憲法改正問題」をどう捉えておられるのだろうか、と考えたことがある。あれだけの戦争を、いかに軍部の一部によって引き回されたとは言え、戦犯に問われる可能性もあった地位を継がれた方が、個人として、戦争に関する一定のお考えが何もないとは、考えられないと、思っていたし、国事に参加されるその真摯なご活動振りにも、僕は敬意を表していた。そして、さらに、天皇制そのものについても今は、その立場上、軽はずみには動けないものの、政治的権限を剥奪されて、一国民よりも、不自由な立場におかれ、自ら退位の意思を表明することも出来なくなっておられることを、どうお考えになっておられるのだろう。生まれついた家筋に違いがあるにしても、僕には、とても務まらない職務だ。大地震や津波があったといって、被害地のお見舞いに出かけられ、被害者一人一人と、丁寧に言葉を交わされて居られる謙虚なご活動には、頭が下がる。きっと、胸に詰まった蟠りは息も詰るほどのものが、おありなのではないかと、想像している。歴史に対して、傲慢な姿勢をとり続ける安倍総理に比べれば、僕には、親しく「同世代」を感じさせてくれる。

  大きな、時代転換の時の到来を感じつつ、皆さん一人一人の心と不安感を共有したく、心細く毎日を過ごしている。


5月21日(日)

 晴れ、夏の気配は、朝窓を大きく開いた瞬間にやって来る

  北朝鮮が、また世界の不安を他所に、ミサイルを飛ばした。飛翔距離を強化する狙いがあるようだ。あの国の指導者は、戦闘能力のみが政治の基本であると考えているようだ。 いつか、それが自らの身の上に災いを呼ぶことになるのではないか。私たちも不安を感じるが、あの国の国民たちの行方にも、広島・長崎の運命が待っているような気がする。 食糧不足、空襲の恐怖、防空壕生活、そして集団疎開の辛い毎日。「欲しがりません、勝つまでは」の標語。朝鮮の庶民たちは、今どんな生活をしているのだろうか。ミサイルを積んだ、馬鹿でかいトラック。あれが共産主義のシンボルだろうか。僕らにとって、あれは軍国主義、ファッシストの象徴だった。同じような事をやっていた国で育ち、残りの人生は、もう僅かだという今の僕の「生きたい」という気持ちは、金代表のような指導者を忌み嫌う。国民の命をイデオロギーで軽視し、自分の命令で、抹殺することを恐れない指導者を、僕は憎む。その事の重大さに、早く気づいて、恥をかかないように、上手に方向転換をして欲しいと、願っている。国民たちも、いつまでも黙っていないで、自分たちの本当の気持ちを、訴えるべきだ。平和な国づくりを、一緒にやろうよ。

  オークスは、レースとしては、面白みは余りなかったが、初めから先行した1枠の2頭が、そのまま2400Mを持ち堪えた。ゴール前、2番手に控えていた、本命のソウルスターリングが、先頭を走るモズカッチャンを、差し切って優勝。 先ずは目出度し、である。


5月20日(土)

 概ね晴れ、夏がじわりと近づく

  やはり、昨日の遠出と長時間のおしゃべりは、かなり堪えた。年を取って来ると、楽しさと、疲れは、別々だ。一日を、ふわーっとした気分で、過ごしてしまった。僅かに残った焼酎を舐めたり、馬の予想をしたり、横になって、いつの間にか眠っていたり、と正体なく過ごしてしまった。

  馬は、3連単狙いで、やるようになってから、まるで予想がピンボケだ。とんでもない馬が入り込んできて、邪魔をされる。先着馬は3頭揃っても、入線順序が入れ違ってしまう。3連単は、確かに配当は良いが、ぴたりと当てるのは、至難の業だ。今週は、3歳牝馬のG1「オークス」がある。馬の名前も、頭に入っていなくて、若い頃とは、まるで感覚が違う。競馬は、記憶力が勝負だというが、勝負の原動力が無くなっているのだ。ルメールの乗る「ソウルスターリング」が一番人気になるだろう。事実、それだけの強さも持っている。問題は、距離経験だ。距離が一気に伸びて、2400Mになる。最近の成長度も気になる。ディープインパクトの仔で、成長が遅れた馬が、穴をあけている例もあるので、ブラックスピーチなども怖い。とにかく、フルゲートの18頭で走るのだから、壮観だ。今年の「女王」の栄冠は、どの馬に輝くのだろう。レースそのものを大いに楽しみたい。

  恒兄から、お礼状が、早速、メールで届いた。一度も寝床に入らずに、付き合っていたから、さぞ疲れたろうと思うのだが、今のところ大丈夫そうだ。その調子で、頑張ってほしい。


5月19日(金)

 まさに好天、老人が出掛けるには、最高の日和だ

  予定通りの、手順で、久が原訪問のプランが実行に移された。途中、西武線で、トラックの踏み切り乗り入れという不祥事があって、7分ほど遅れは出たが、一応無事に池袋に着いた。待ち合わせの間に、買い物をしたい、と言って、和子が姿を消した。コマーシャル映像で喧しくなった地下改札口で、待つうちに、多喜子の顔が見えた。やがて、和子も現れ、久が原行きの本番となる。

  お土産予定の「虎屋の羊羹」は、多喜子が、購入済み、久が原の「サミット」では
それに肉を買い足し、僕らの方では、果物をゲットして、準長男の役割を果たした恒兄への気持ちを籠めた。自分たちの、昼食にするお弁当も、それぞれ選んで、持参した。恒兄夫妻が、高齢になってからの、訪問マナーを、遵守した。これに、昨夜僕が作った、心を籠めたメッセージを添えて、今日の「贈り物」とする。実家に着く前に松ちゃんが、手押し車を押して、買い物から帰ってくる姿を見かけた。もう少し前には恒兄自身が、同じことをやっていたと言う。体を動かそう動かそうといている意欲が読み取れる。 松ちゃんの顔色が、白っぽく見えたので、心配になったが、どうやら、これは、お化粧をした跡だったようだ。こんな感じで、別々に思い出深い実家に辿り着いた。

 到着は、お昼前後であったが、素朴な「米寿祝賀会」が、始まった。冒頭に、披露された、僕の拙い、しかし思いを籠めた作品が、紹介された時、一瞬内容を読むためか、沈黙が起きたが、粗末な一片の画用紙の卓上に置かれ、「祝賀会」が始まった。と言っても、お偉方が参列している訳でもなく、延々と、思い出話を中心に、お喋りが続くだけだ。しかし、これが楽しかった。もっともっと、生きたいという気持ちが泉のように湧き出てきた。兄貴、妹という人間の繋がりが、宝石のように貴重なものに思えてきた。家族と言うものが、どんなに平凡なものであっても、大切にされなければならないものだと、痛感している自分が不思議なくらいだった。今、日本では
封建的な家族主義が、批判され、義務付けられた親子関係が、人間性を守る線を飛び越えて、親は親、子は子、という個人主義で、寂しく分離される現実を迎えている。これは、家の構造にまで、影響し、一戸一戸が利己主義を主張するような、矮小化され、小さく板で仕切られる、冷たい家庭のイメージが定着し始めている。何か違う。そんな感じがしていたが、押し付けられた「恩」を排除するために、自然な親子の関係まで、ばらばらにされてしまった、そんな思いもある。本当の民主主義は、温かい親子の関係まで否定するものではなかった筈だ。革命には、いつも行き過ぎが付き物だ。ここにも例の「文化革命」が起きてしまったのではないか。

  他の方々とは違った受け取り方で、僕は、勝手な妄想を浮かべながら、お喋りに参加していた。恒兄も、傍の寝床にも目も向けず、お喋りに参加していた。疲れていたに違いない。でも、多少興奮気味で、お喋りに参加してしまったのではないか。後で疲れが出なければ良いが、と心配した。

  そろそろ、終わりにしなければ、と気になり、帰るタイミングを計りながらも、何度もお喋りの魔力に引き戻された。本当に思い切りをつけたのは、4時半を過ぎていた。

  実家に別れを告げ、見送りに出た松ちゃんを気にしながら、清水医院の四つ角を右に折れた。ここで、もう、多喜子は、家で待つご亭主のことが心配になる。しきりに携帯を操作する。僕らは、家で待つ人は居ない。ただ、傍に居るカケガエノナイ連れ合いが、疲れ過ぎなかったかと、心配している。

  それにしても、、良い会だったな、と、太く短く、自己確認する。妹の提案の重みが、僕の中で細胞に加えられたのを感じ取った。貴重な一日であった。


5月18日(木)

 久しぶりに、朝から青空が見えた、気温は低目

  多喜子からメールが来て、明日の、久が原行きが、本決まりとなった。 池袋に10時半集合のOKも取れたので、和子も一緒に出かける。半病人だらけなので、早めに引き上げてくるつもりだ。88歳の祝いを、八十八と書いて、縦に重ねると「米」という字になる。それで、「米寿」と呼んで、長寿を祝うのだ。僕は未だだが、77歳のときに、喜寿というのをやった。 これも、「喜」を,、「七」という数字を三つ重ねて、「七十七才」の意味を持たせ、「キ」と読ませるのと、同じやり方だ。90歳は、「卆」と書いて、卒寿と呼ぶ。99歳は、百から一番上の一を引いて、「白寿」と呼ぶのだ。長寿の目出度さと、一年一年積み上げてゆく大変さを表したユーモラスな表現に、僕は、とても「大らかさ」を感じる。僕には、米寿も難しそうだが、兄貴たち二人は、その域に達している。大した物だ。

  ただ行って「おめでとう」と言うだけでは、粋ではないと考え、賞状風の「祝米寿」の印刷物を作り上げた。いまや、久が原では、お酒が飲めないので、知的な遊び心で、印象を残す以外に手はないのだ。ネットで調べてみたら、良いアイディアを思いついた。名前の一音一音を頭に、褒め言葉とか、お礼の言葉を一句ずつ書き、「たかはしこう」を右から左へと並べ、賞状のような形式のものを作ってみた。 ぼかしの様な、淡い色のバックをつけたら、結構綺麗にまとまった。参加者の名前も入れて、贈呈式を兼ねた食事会にしようと思っている。今日、突如作る気になったので、誰にも話していない。びっくりさせるのも楽しみだ。

  明日は、6時に起き、9時11分の、バスで、入間市駅に出る。10時30分に、池袋地下改札口で、多喜子と待ち合わせ、久が原に向かう。皆が、途中で体調を崩さないことだけを願っている。勿論、恒兄には、元気で、米寿の祝いを受けて欲しい。


5月17日(水)

 終日、薄曇り、団地周辺は、つつじの大輪に埋め尽くされている

  本日は、みどり会の「サロン」が予定されている。 本日担当の、上の階のTさんがやって来て、「地域の会議と重なってしまったので、代わりに纏め役をお願いしたい」と頼まれた。家で休んでいるつもりだったが、引き受けることにした。参加者は、僕が担当していた頃からの常連の4人が、定刻に参集してくれた。Tさんが用意したDVDは、ミュージカルに演出された「オズの魔法使い」だった。アメリカ版のものだから、画像色彩ともに素晴らしい出来だった。皆さん、喜ばれて、帰途についた。踊りのサークルの方たちも、2階の方で、活動しておられたようだ。皆さんとてもお元気な様子。2時間近くの上映を終え、僕は、一足先に、帰宅した。女性のみ4人残って、お喋りの続きを愉しんでおられた。

  西村京太郎の「幻奇島」を読み始めた。ある内科医の男が、沖縄洋上の孤島に勤務することになった。その島の、奇怪な風習や宗教などが、描かれる。気味が悪いが、極めてリアルに描かれていて、非常に興味深い。以前からここに住んでいた吉田という老医師が、内地に引き上げる。その代わりに、この医師が赴任してきたのだ。今の所、見ること聞くこと、彼の肌には馴染まない風習ばかりなので、これからの生活に不安を感じ始めていた。この島には、子供が居なくなってしまっている。2つの「姓」しかないほど、血族結婚が繰り返された来た結果であるという。

  久が原の、米寿訪問は、19日(金)になりそうだ。先日、訪問日を決めた際、和子は、金曜は、都合が悪かった。しかし、その後、事情が変わって、行けることになった。暑くなるという予報なので、多喜子の方が、20日(土)を嫌ったのだ。その結果、金曜日に3人で行けることになった。駅に行くバスの時刻がやや早いので、池袋の集合時間を30分ほど、遅らせて貰えるかどうか、目下折衝中だ。結論は、明日になるだろう。


5月16日(火)

 曇り、一時日差しも見えたが、終日はっきりしない天気だった

  10時頃から、昼過ぎまで、和子は、「りらの会」のコーラス練習に出かけて行った。僕は、全室に、掃除機を走らせて、各室を整え、ごみやチリを処理した。その後ベッドにひっくり返って、先日、借りてきたミステリーの片方、斉藤栄の「愛と血の殺人旅行」の方を、一気に読了した。4つの中篇を集めたもので、読み易そうだったから、手をつけたのだが、特にどうと言うことのない作品であった。続いて、もう1冊の方、西村京太郎の「幻奇島」に、取り掛かった。西村の文章は、整っていて、読み易い。今までは、さほど感じなかったが、今回初めて、そんな印象を受けた。ゆっくりと読み進みたい。

  小池都知事の政策に、ボロが出始めたと、昨日も書いたが、今日も、待機児童の問題で、話題にされている。公約で大きく取り上げていた問題だが、大きなマンションが建っても、対策なしのままで、不満は拡大しつつあるようだ。マスコミは、意地悪だから、良くも悪くも騒ぐ時は、騒ぐ。嘘をついても手厳しい。これは駄目だとなれば、そっぽを向いてしまう。女性の風雲児も、どうやら風向きが変わって来たようだ。

  北朝鮮に対して、中国・ロシアの姿勢が、少しずつ表に出始めたようだ。今回、中国に対して「裏切りを恨むような」声明を出しながら、「一帯一路」の国際会議には馳せ参じるという、礼を失した甘えの態度を見せている。中国は、世界の反感を買うような動きは避けたい所だろう。経済は経済、政治は政治と割り切るのも良いが、国際的な良識に欠けるようでは、信頼は得られない。ロシアのプーチン大統領も、初めて、北朝鮮の核実験やミサイル問題に触れた。世界各国に不安を拡大するような軍事的動きには同意できない、と表明した。ただ、アメリカを始めとする、国際的な動きにも言及し、北を追い込み、懲らしめるやり方には、限度があると、微妙な但し書きを付けている。しかし、無言のままで居た時よりは、ロシアの態度は、好転している。どちらの側の挑発的な動きをも、沈静させようとする態度表明は、それなりに意味があると考える。大国は、大きな流れの中で、情況を読み取り、時宜に適した発言をすることを、怠ってはならない。


5月15日(月)

 薄曇り、時折日差しも見えたが、やがて今にもぱらつきそうな天気に変わる

  昼に近づいた頃、澤田さんに辿り着いた。いつもの薬が切れたのだ。和子は、血圧と血流の薬、僕は血流の薬だけだ。これが基盤で、二人の体調によって、痛み止めとか、アレルギーの薬とか、その他もろもろの薬が付け足される。しかし、二人とも薬には警戒心が強い方で、「なるべく薬は飲まないようにしよう」が、合言葉となっている。僕だけ行って、しかも、その僕も、診察を受けないのだから、まるで薬局代わりだ。澤田先生には悪いが、特に内臓疾患がなければ、血圧を測って、一応聴打診をして貰い、「特に問題はないですね。」で終わりなのだ。筋肉痛などを訴えても、「体の痛みは、ねえ。」で終わってしまう。兎に角、年寄りと言うのは、どっか具合が悪いものだという固定概念があるのだろう。僕自身も、そういう気持でいるから、不安を覚えるほどの苦痛でない限り、堪えて我慢することにしている。いちいち、「ここが、あすこが、」と言っていても始まらない、という諦念が、哲学の一部に胡坐をかき始める。普通の人は、そうなってからが強いのだ、という例をしばしば見受ける。

  北朝鮮は、やはりかなり捻じ曲がってしまっている。今度の打ち上げが、成功だった、と発表し、最新の成果を収めたと、、声明を出した。やはり、イタチの最後っ屁にはならなかったようだ。高度が、今までに無いほど高くなったと言う点だけが、強調されている。邀撃がそれだけし難くなったという「進歩」なのだろうか。戦争に役立つ進歩などと言うのは、無意味な努力の一言に尽きる。そんな努力をしている国に、もし飢えている人が居るとしたら、まさに、国家が犯罪を犯していると言えるだろう。

  小池都知事の分が悪くなってきた、という報道が、俄かに増えた。オリンピックで、東京周辺地域の施設を、利用する場合、費用は、東京持ちになると、今更のように騒ぎ出し、その結果、東京の出費が、やたらに増えることが分かってきた様だ。そんな原則があったのなら、何で小池都知事は、計算に入れていなかったのだろう。罠にはまったのだろうか。舛添前都知事が発注したクルーザーの話も、今まで、話題にもなっていなかった出費だ。問題が、多すぎて、注意が廻らなかったのだろうか。取り巻きの支持態勢が、何かの理由で、杜撰になっているのか、政敵の罠の仕掛けが、巧妙になってきたのか。小池都知事側の弱点が、急に目に付き出したのは、何故なのか。十分に注意して、都議選や、国会議員選に対処してほしい。 政治の世界ほど、政敵を陥れ、自分を、臆面も無く、売り出そうとする世界は、僕の目から見ると、滅多に無い。助け合って、良い環境を作り出そうとする、創意ある、先駆者集団ではないのだ。それ故に、同じ党の中でも、醜さだけが剥き出しになり派閥や利益集団のぶつかり合いが露呈することになる。


5月14日(日) 母の日

 曇り、雨は止んだが、余りすっきりしない朝を迎えた

  日頃は、日曜も平日もない生活をしている。しかし、日曜日は、何故か、自然に目覚めるのが遅くなる。普段は、5時ごろには、もう起きても良いという意識が生まれてくる。一方、日曜日は、7時近くまで、熟睡している。これが、体調の良い時の習性だ。月曜日から土曜日までは、朝食前に、「朝ドラ」を、2つ見ることになっているためなのかもしれない。あるいは、長い人生で、日曜日には、寝坊OKという意識が埋め込まれているのだろうか。現在は、「こころ」と「ひよっこ」という二つのドラマを、結構楽しんでいる。

  昨日は、北朝鮮問題で、やや楽観的なことを書いた。ところが、今朝、北朝鮮が再び弾道ミサイルを打ち上げた。意固地な王様自身の判断なのか、頑なな老人宰相たちの「頑固な進言」の言うなりになっているのか。兎に角、「一先ず譲る」ということを「恥」と心得ているようだ。経済上の必要から、中国での会議への参加を意図しているようだ。中国の忠告にも鉄面皮を装う一方、甘えるところだけは甘える態度は、中国にも好感を与えないだろう。今日の一発が、「イタチの最後っ屁」となることを願っているが、もしかしたら「鉄面皮」を決め込んでいるのかもしれない。 若さ特有の柔軟性をもって、老宰相の進言など無視する力も、必要だ。 友人にとって「強情」より、「人情」の方が、好感度が、はるかに高い事を忘れないで欲しい。 鬼のような、頑なな指導者の下で生活する国民は、やがて同じような恐ろしさを持つようになる。そして、いつか、領主は、その国民に寝首を掻かれる事態に至る。その事を忘れないでほしい。。

  昨日行けなかった図書館行きを、午後になって、実践した。前回、未読だった一冊を、鞄に入れるのをうっかり忘れてしまい、そのままになっている。その本の再借り出しの手続きもしなければならない。一昨日、和子が必要とする本を、6冊も借りて来ている。自分のために新しく借りられる本は、3冊までが限度だ。また読みたくなってきたミステリーを2冊だけ借りることにした。西村京太郎の「幻奇島」、斉藤栄の「愛と血の殺人旅行」の2冊である。


5月13日(土)

 珍しく、一日、雨がしっかりと降り続いた

  雨のために、和子も僕も、終日、テレビの前にごろごろしていた。食べたり、話をしたり、パソコンの前に移ったり、やっている番組について、ああだ、こうだと言い合ったりして、一日が過ぎていった。こんな日があっても良いような気がする。しかし、競馬は、馬場が荒れていて、予想は滅茶苦茶になってしまった。馬も、ファンも面白くない土曜日となった。

  北朝鮮に対し、中国が、立場を鮮明にし、核戦争に対する姿勢を、明確に示したので、北のデモンストレーションは、現在鳴りを潜めている。中国やロシアが、核戦争に対して、はっきりとした姿勢を見せてくれることが、世界平和の維持にとって、極めて大事なことになる。国連の中でも、世界戦略上の思惑で、政治的な取引が行われて来た。しかし、そんなことが、かえって、核戦争に対して、いい加減な認識を、生み出すことになるのだ。率直に、「強いも弱いもない、大変なことになるよ」と認めることが、世界滅亡の危機から、人間を救う力になるのだ。 韓国は、新たな顔ぶれを揃えた。日本、中国、アメリカ、北朝鮮に対して、国民の困惑を背負いながらも、新政治路線を歩み始める。 北朝鮮も、もう一度、自らの政治路線を、見詰め直して欲しい。アメリカや、ロシアの首脳部も、世界の政治家たちの信頼関係を、根本的に認識し直す必要がある。その上で、「疑ぐり合い」の外交から脱却し、強固な「相互信頼」の関係を、築いて欲しいと願っている。

  それでも、アメリカは、今も尚、衛星によって、北朝鮮の核実験基地の動きを偵察しており、北は、その電波を妨害し続けることで対抗している。この状態を、何とか、解消することが出来ないものだろうか。

  雨のために、図書館行きは、明日にする。


5月12日(金)

 雲が日差しを遮り、薄くなったり、厚くなったりする しかし、雨にはならなかった

  昨日の不摂生が祟って、僕は眠気が消えず、お昼頃まで、頭がぼやっとしていた。和子は、コーラスの臨時練習に出かけていった。 しかし、やはり疲れていたらしい。「あの先生は、手抜きをしないから・・・」と、恨めしそうに言いながら、昼には帰ってきた。 今度の発表会のテーマが、岸田衿子の詩に曲をつけた歌になっている。そこで、彼女の詩集や、子供のための絵本を見たいという。どうやら下の図書館で見つけてきて欲しいと言う意味らしい。 例のマルクス主義の本を返却する日が、既に過ぎている。返却ついでに、探して来て欲しいという事のようだ。3時半ごろから、図書館へ出かけていった。

  まだ、一冊だけ読みきれていない本があり、それを鞄に収めたと思い違いをして出かけてしまった。、図書館についてから、それに気付き、正常な本の入れ替えが出来なくなった。そこで、今日は、僕の読む本を借りるのを諦め、和子が所望している本を探して、持ち帰ることにした。家のパソコンで、岸田衿子の書いた詩集等を調べ、メモをして、持って行った。しかし、子供向け中心の詩人だから、作者名の分類がされていない。例えば、「イチゴ」と言うような項目で、テーマ別に整理されているので、とても探しにくかった。係員にも手伝ってもらって、やっと6冊を見つけ出した。個性的で、子供の感性を、よく掴んだ詩人でるあること、岸田今日子という大女優の妹であることも分かった。和子は、凄く参考になると、喜んでいた。お陰で、明日もう一度図書館に行き、未読の一冊を借り直さなければならないが、他に借りられる本の余裕は、3冊までになってしまった。焦る事もなかろう。


5月11日(木)

 素晴らしい五月晴れ、各地で、気温が30度前後まで上がる

  団地を取り巻く垣根のツツジが、至る所で満開。肥料の行き渡った所では、紫がかった赤い大輪の花が、びっしりと咲き誇っている。時折、強い風が吹き付けると、垣根ごと大きく揺れる。「様々な気配の赤」や、純白の波が、建物を愛撫するように揺れる。その中で生きているのが、幸せだと感じさせる。まさに美しい季節の到来である。

  今日は、当団地の老人会「みどり会」の、特別カラオケ会の日だ。毎月、第2木曜日には、団地を出て、近くの「ポピー」という専門店で、飲み物OKの、楽しい会となる。この月例会が、始まった頃、僕の耳が遠くなった。それまで、中心になって活動していた、それが無理になり、降りることにした。特別カラオケ会は、その後を引き受けたYさんが提唱した会なのだが、彼も、今月から退会することになった。残念だが、この会の今後の発展を祈るばかりだ。僕は、この月例会だけで繋がっているが、皆には十分友情を感じている。飲んでも直ぐ酔うし、歌っても直ぐ疲れる。招待状のデザインと印刷だけ、手伝わせて貰っている。デザインを考えるのも楽しいし、出来上がりにも一喜一憂している。その上での、この月例会参加なのだ。もう、他の会には、殆ど顔を出すこともなくなっている。この会も、最後までは、頑張れず、いつも一人で一足先に帰る。

  今日も、数曲歌い、酔いも廻って来たので、先に帰ることにした。階段から転げ落ちないように、超ゆっくり下りた。皆の顔が、頭の中で、くるくると廻っていた。忙しく立ち働いているママも、笑顔を絶やさなかった。

  図書館から、マルクス主義を見直すテーマの本を、3冊借りてきた、それもやっと3冊目に入る。的場昭弘の「ネオ共産主義論」だ。いずれも、社会主義・共産主義が終焉を迎えつつある現代を、別の角度から見直し、「いやいや、これからが、マルクスの理論の本勝負になる。」と主張する。これまでの実践者たちのマルクス理論の読み違いや、実践上の誤りなどを指摘した上で、マルクスの夢の真の設計図を広げ直し、これからの時代は、資本主義の矛盾が、いよいよ本格化する、と予言している。三田氏は、これに絡めて、今後自分が、どのように生きるべきかまで、吐露している。この3冊の本が、光文社、講談社、集英社の、しかもすべて新書版で出版されているのも面白い。しかも、批判、反省、見通しなど、それぞれ異なる発想で把握しようとしているのが、僕には、とても信頼できる問題提起だと感じられた。手足に、力が甦ってくる思いである。


5月10日(水)

 朝から、曇り、道路が黒く濡れている 

  雨が降った後なのか、これからも降るのかが分からず、洗濯物を抱えて、和子が当惑していた。一日、降りそうで降らない空模様が続いていた。ベランダの小葱は、すくすくと成長している。朝飯には、薬味として良く登場してくれる。「うちのアサイチ」である。隣との境にあるプランターに、去年、植え替えておいたアマリリスが、芽を出し、突然、急激に成長し、今日、遂に開花していたのだ。信じられないほど突然の変化だった。下に置かれた、大きな植木鉢で増殖し過ぎ、半分厄介がって移植したものだ。 植え替えたのがいつの頃やら、記憶も朧だ。新しく顔を出した生命に、謝りたい気持になった。発芽を楽しみに待って、祝福もしてやれなかった。物忘れの酷くなったボケが恨めしい。最近は、前夜入浴日であったかどうかも、朧朧なのだ。下着の着替えには、和子が煩いくらい世話を焼く。僕のボケの進度計のようで、恐ろしい。 「お父さん、下着出してくれたかな?」「え?エート、昨夜は・・・?」という会話が、毎朝のように繰り返されている。

  恒兄から、珍しくスカイプが掛かった。最近、スカイプから、ソフト更新要請が、たびたび送られてくる。新ソフトをインストールしろ、という要請だ。いざ、作業を始めてみると、「現在、不都合が起こる状況にあるので、インストールを中止します」という通告が出て、一方的にインストールがストップする。ふと見ると、「ゴミ箱」に、インストールが中途で終わった筈の、ソフトのショートカットが、残っている。気持が悪いので、削除しておく、といったことが、何回か繰り返されている。そのことを恒兄に報告したら、「無視しなさい。スカイプの新しいのは、どうせ駄目だから、インストールなんかすることはない」と、ケンモホロロ。現在の版のスカイプで、恒兄との通話は、十分事足りた。あの「更新勧誘」は、何なのだろう?

  ここに来て、いくつかの国で、為政者の交代が起きている。それをバックに、米対北朝鮮の緊張が、一寸棚上げ状態になっていた。韓国の新大統領は、革新系の政党だから、北朝鮮との緊張は、やや和らぐ見通しがたつ。安倍のように、べったり米国に寄り添い、忠誠を誓うようなことは、出来ないだろう。イギリスに続いて、フランスも、EUを飛び出し、欧州諸国に不安を投じるのではないかという心配も薄らいだ。しかし、難民問題が続く限り、不安定状態は続くだろう。トランプ大統領も、金主席との会談の意思を表明しているし、周りの変化も、プラスに働くのではないか。状況の好転を願う僕としては、不安ながら、小さな吐息くらいは吐けそうだ。

  作家・三田誠広の「マルクスの逆襲」は、とても面白く読み進んでいる。最近読んだ啓蒙書の中では、最高に面白かった。 マルクス主義が、どのように若者を捉え、どのように行動させ、どのように絶望させたか。その結果、僕らの世代に深い傷を残したまま、遠ざかって行ったか。 その経緯が、体に響くように、沁み込んで来た。しかも、心に刻み付けられた「理想」は、未だに遠くに在って、呼びかけてくる。人間の愚かさに気付きながらも、夢を捨てられず、後を追い続けて、一生を終えて行く。そんな絵に描いたような自分が見えて来るようであった。凄い作家だと、僕の評価は急上昇した。

  いろいろお世話になっているY先生が、肝臓を悪くしているという話を、はっきりと告白されて、びっくりした。4月4日ごろから、アルコールは、一滴も飲んでおられないようだ。僕が、これほど酒を愛していながら、肝臓に危険信号を宣告されていないのを、羨ましがっておられた。彼には、僕以上の苦労が、いろいろあって、無理をしてきたのではなかろうか。怠け者の僕とは違って、勉強家でもあるし、いろいろ無理も積み重なっているのだろう。どうか、大事にして、少しでも長く良い仕事を続けて欲しいと思っている。


5月9日(火)

 晴れ、後曇り、どんどん夏めく

  空気が乾燥し、あちこちで火事が発生。その都度、人が焼死する。人家だけでなく、広範囲に及ぶ山火事も発生している。山火事でも、逃げ切れずに焼死する人も出た。

  久しぶりに、国会中継を見る。と言っても、余り真面目な見方ではない。民進党の蓮舫さんと、安倍総理との激しいやり合いの場面だけを見た。 安倍総理は、国会議員と党代表との2枚看板を巧みに使い分けている。憲法問題を、先走って、新聞に売り込み、2020年には決着を付けたいと、勝手に言い始めた。その上、国会での審議も、まだ始まっていないのに、決着の目途までつけている。まさに勝手な独り相撲の横暴政治だ、と、蓮舫さんは、激しく切り込んでいた。冷静な、しかも鋭い、その切っ先に、安倍さんもたじたじの様相であった。 北朝鮮問題なども、浮上している。国防問題として、憲法改正を企むには、絶好のチャンスだと、安倍首相は考えているのだろう。国民も、しっかりと目を見張っていないと、かつての日本の幽霊を、再び甦らせてしまう。お互いに、国と個人の歴史を、鮮明に思い出そう。

  八千草薫が、86歳になっても、まだ元気に女優を続けている。和子が、感心して、僕をテレビの前に呼びつけた。この人や、黒柳徹子女史、橋田須賀子などは、お化けだと、失礼なことを、僕はよく口にする。歳を取って行くのに、惨めさがない。壊れてゆく所が見られない。僕などは、、歳が、顔には余り出なくても、心の内部が、惨めに壊れてゆく。それを、隠そうと懸命になっている。来月の4日には、僕も満84歳になる。


5月8日(月)

 晴れ、気温上がる 一時風も強まるが、直ぐに止む

  昨日、フランスの大統領選に決着がつき、親EU,親グローバリズムの、マクロン氏が当選確実と発表された。これで、フランスが、イギリスを追って、EUを脱退すことはなくなった。難民問題から、発生した新しい自国中心主義の拡大は、一先ず、塞き止められたが、米英で、先鞭を付けたヨーロッパ結束崩壊の動きは、今後どう動いて行くか、世界経済の動き、テロ問題の行方、などによって、動きは、大きく変わってゆくだろう。勿論、北朝鮮問題も絡んでくる。

  明日は、韓国の大統領選の結果が見えてくる。こちらは、どの政党が、浮上しようと、日本に対して、直ぐに大きな問題は起きてこない。いずれも、日本に対して好意ある政策は期待できない。慰安婦問題なども、結果処理における厳しい追求は、続くだろう。日本は、当然、誠実に受け止め、正当な要求には、応えてゆくべきだろう。ただ、北朝鮮問題は、世界の平和に関わる重要な問題だから、これから始まる、トランプと北との、対面会談を冷静に見守って欲しい。聞くところによると、中国ではなくどこか、ヨーロッパの某国での会談となるらしい。この消息が流れるのと平行して、北朝鮮で、アメリカの関係者4人が、身柄を拘束されたという情報が流れた。これが、予定されている「会談」絡みの、戦術的な手法なのか、どうかは分からない。軍事衝突を止める努力を、妨害することにならぬよう、願っている。金さんもトランプさんも、虚心坦懐、現実だけを冷静に見つめて事を処して欲しい。大きな人間集団の代表として、多数の自国民の命を預かる責任者だと言う自覚を忘れず、どうしたら、不幸な殺し合いを抑えられるのかだけを考え、真剣に話し合って欲しい。

  僕の部屋の、サークル蛍光灯が故障してしまった。もう長年使い続けて来たので、故障しても仕方がない。分解して調べてみると、3段になっている切り替えスイッチが磨耗して、潤滑に回らなくなってしまったのだ。「丁度、値引きの日だから、お店に行ってみよう。」と和子が言うので、一緒に出かけてみた。店頭には、明々と光を放つ照明器具が飾ってある。今はどれもLEDを使ったものばかりで、値段は高めだが、使用電力も低く、長持ちする製品に進化していた。その中で、もっとも安いものに白羽の矢を立て、購入することにした。半分物置のようになっている、僕の書斎兼パソコン室なので、立派なものを入れても仕方がない。 夫婦で、今頃「四十肩?」になっている。僕は先日外で転んだ時、右肩を痛めて、その後、腕が余り上がらない状態なのだ。仕方なく、用心しながら、二人がかりで、よたよたと、器具交換の作業を済ませた。


5月7日(日)

 晴れ、夏めいて来たことを、肌で感じる

  本日は日曜日。一日、家に居て、結構楽しめた。和子とテレビを見たり、一人でパソコンに向かったり、競馬の予想をしたりした。座っているのが飽きると、寝床でひっくり返り、三田誠広の「マルクスの逆襲」を読む。作家の書いたフリースタイルの政治論は読みやすいから、気付くと、夢中で読み耽っている自分が居た。もともと、僕は、論理性のない人間で、社会の歴史とか、政治とかには馴染めなかった。学校でも、いつも重くコンプレックスとなっていた。三田さんは、作家でありながら、よく頑張って、これだけ、マルクスを、血肉化したもんだと、感心しつつ、読んで来た。僕より若い、団塊の世代の人は、頭脳明晰なのだと、もろ手を挙げて降伏した。今回、この手の本を、自らの影を踏む思いで読み直している。愚かさの確認になるのを覚悟しながら、読み始めた。もう一冊、的場昭弘と言う人の「ネオ共産主義論」という本も借りて来ている。ここまで、手が伸びるかどうか、今の本で、「もういいや。」という気になってしまうのか、これは、賭けのようなものだ。三田さんは、今の僕の興味を巧みに繋げてくれています。しかし、まだ読み終わったのは、3分の1未満の所だ。いつ、倦怠に襲われるかは、分からない。この類の倦怠は、とても忍耐できるものではない。それが分かったら、僕は、即座に、身を引くことにしよう。

  今日の競馬「NHKマイルカップ」の、勝馬予想は、ずばり、ピッタシカンカンであった。見事、アエロリットが勝ったのだ。的中は、久しぶりだったので、とても嬉しい。しかし、勝ち馬がピタリだっただけで、2着3着は、外れてしまった。今、情熱の対象は、1,2,3着をピタリと当てることだ。所謂、「3連単」をピタリと的中させるのだ。 だから、馬券は殆ど買わなくなってしまった。今日も、「3連単」は、とても無理で、2着3着は、外れている。3頭を選んで、3着までを独占する方法に憧れている。3着までに入る馬を、3頭選んで、3連単6点と3連複1点とを買うことを想定する。これが、当面の目標だ。そのために、練習は別として、G1.G2などのビッグレースのみに焦点を合わせて、試してみようと思っている。恐らく、残り短い生涯掛けての楽しみとなるだろう。


5月6日(土) 

 晴れ、風は静かだが、湿気は余りない 洗濯物は乾きが早い

  5月に入って、もう一週間経ってしまう。皆が大騒ぎして出かけて行く「連休」も、もう終わってしまう。 子供らに「良いお父さん」して来て、くたくたのサラリーマンたち。疲れた体で、帰りの車のハンドルを握る。高速道路の渋滞に、さぞかしイライラしていることだろう。そんな時期は、疾うの昔に終わってしまった。

  今週の競馬は、今日土曜日は、「京都新聞杯」(G2)、明日日曜日は、「新潟大賞典」(G3)と、NHKマイルカップ(G1)がある。今日は、眠くて、余り本気で予想をしなかった。明日の「NHKマイルカップ」は、現在、カラクレナイが、一番人気になっている。しかし、下馬評では、人気通りには決まらないと、穴レースになる、との宣伝が、専ら盛んのようだ。僕は、3番人気になっている、横山のアエロリットあたりでも、十分勝てるのではないかと思っている。

  久が原行きは延期になったが、妹の多喜子の体が心配だ。「妙義山の戦友」よ
頑張れ。恒兄は勿論、うちの和子も心配しているよ。 これから暑くなってくるけれど、過ごし易い今の季節に、体調を安定させておこう。


5月5日(金)  端午の節句・菖蒲湯

 晴れ、昨日あたりから、風がなくなり、気温上昇

  朝、カーテンを開けると、木が大きく揺れている日が続いた。それが、ここへ来て風がぴたりと止んだ。殆ど無風である。早くも夏日か。桜が、咲き残っている画像と並んで、水遊びにはしゃいでいる子供らの姿も映る。「初夏」という題のついた絵を見ているようだ。

  お節句だが、もう長いこと、お飾りの風習は止まっている。母から譲り受けた、実家の武者人形のうち、数体は、押入れの上に眠っている。今年もまだそのままになっている。最近は、端午の節句には、それらしい行事として、菖蒲湯だけは、欠かさず続けている。今年も、立派な菖蒲の葉と一緒に、湯船に浸かった。老いぼれた体が、深呼吸をし始めた。昨日に続いて、緑に慰められている。

  恒兄のメールで、間接的に知ったのだが、妹の多喜子は、眩暈で倒れ、救急車で運ばれたのだそうだ。その後の検査で、頭の方には異常が見られないという。寝不足か、疲労のための貧血ではなかろうか。無理を押して頑張る方だから、気を付けないといけない。体をいなしいなし、老化と付き合って行かないと、人生長持ちしない。多喜子も、長いこと無理を続けて来ているから、十分な注意が必要だ。


5月4日(木)  みどりの日(と言うんだそうだ)  

 朝から良く晴れている 桜の花と水遊びが同時に放映

   北朝鮮の問題は、始めは、アメリカがシリアを攻撃していて、トランプが一人目立っていた。その後ろに、軍事的には、ひ弱な日本が見え隠れに付いていた。一方中国もロシアもそっぽを向いていた。ロシアとアメリカには、シリア問題のしこりが残っている。さらに、ロシアは、北にエネルギー調達をしたりしている。、万景峰号による通商上の繋がりもあるようだ。ロシアも、アメリカに対する面子もあり、国連安保理でアメリカ案を阻止したりしている。北のイライラは増す一方で、アメリカ側の軍事行動も拡大され、韓国日本などの共同行動も目立って来ている。今一番重要なことは、核戦争の勃発を防ぐことだ。関係諸国のリーダーたちが、その確認を取れていないと、どんな弾みで、核戦争を誘発する行為が突発するか分からない。アメリカが北に通常兵器による攻撃を仕掛けた時に、北が報復として核ミサイルを発射するかもしれない。状況の誤認で、核が使用される可能性もある。冷静に分析してみると、北は、「自分の所は、米仏露中等、大国がやってきた軍備に、遅ればせながら、辿り着きたいだけだ。それを、何故一方的に阻害しようとするのか。そんな権利があるのか。」という点が、最大の怒りの原因だ。原子力の戦争をしたいと言っているのではない。仕掛けられた時の防御策なのだ、と考えているのだろう。実際には、戦争の手段がここまで膨れ上がってしまっては、攻撃も防御も、従来よりも格段に大規模な範囲で、しかも、瞬時に、大量の国民が無残に焼き殺されることになる。そういう大惨事が現実に起こってしまうのだ。それをしたいと思っているリーダーは居ないだろう。北が、核装備を持った国となっても、戦争を手段として世界を制覇するとは思えない。とすれば、話し合いの余地は、まだ残されているように思うのだが、どうだろう。政治的「殺人狂」は、生まれつき存在するのではなく、交渉過程が、浅薄な判断を刺激して、人類を破滅へと導くのだと思う。

  とりあえず、無条件で、顔を突き合わせての話し合いをしてみたらどうなのか。戦争の危険を踏まえてでも、やろうとしている事は、一体何なのか。自国の国民たちの、怯える顔を思い浮かべながら、話してみたらどうだろう。僕の頭には、北朝鮮問題がこびりついて離れなくなっている。

  僕のHP「たそがれの記」は、僕が、昨夜インデックスに手を加えて、新ページも開けるようになったのだが、他の呼び出しが駄目になっているとは、全く気付かなかった。今日、N兄からのメールで知らされた。彼の助力で、正常な働きが回復したようだ。

  明日は、妹の多喜子と、久が原の恒兄の米寿祝いに行くことになっていたが、多喜子の体調が思わしくなく、もう少し先に行って考えようと言うことになった。僕からも、多喜子に、くれぐれも大事にして、とメールを出しておいた。お互い、いつどうなるか分からない歳になっているのだから、大事にして頑張ろうと、書いておいた。

  明日にでもと思っていたのだが、今日は、連休のスケジュールとして、「彩の国・市民公園」へ、ウオーキングに行き、緑の美しさに浸ってきた。このあたりでは自慢の公園だ。森、林、並木、芝生の緑が、噴水の水の迸りと共に、僕らの気持を休めてくれる。野の小さな草花も、話しかけてくる。鳩やカラスまで、公園に下りて来て、足元まで近づいてくる。和子は鳥と余り相性が良くないので、騒いでいたようだ。夜は、団地の傍の「夢庵」で会食をする計画を立てた。和子が、俳句に凝り出しているので、話題は、俳句になりそうだ。


5月3日(水)  憲法記念日

 晴れ、相変わらず風が強い

  連休で、道路は超満杯の渋滞らしい。僕らは、家で、詰まらない話をするか、テレビを眺めて過ごす事になりそうだ。和子は、連日コーラスの練習で、精いっぱいのようだ。僕も、改めて、出かけて楽しむ余力はない。5日(金)に久が原に「米寿インタヴュー」に出かけるだけになるだろう。

  先日、政治史に関わる3冊の本を図書館で借りてきた。僕が戦後大きく影響を受けたイデオロギーが、今まで思っていた以上に、大きな欠陥を露呈していたことが記述されている。ロシア史、中国史、北朝鮮史、そして戦後の東欧の路線転換の中で、日本の革命を標榜する政党が、思想的、実践的行動において、紆余曲折な軌跡を辿った。その記述を読んでいると、今更のように、ぐったりとした重い疲労感を感じた。 変革と言うことの困難さ、人間集団の情けないほどの愚かさ、無力さが、ガンガンと体に響いてきた。

  今日は、憲法記念日だ。折柄、北朝鮮とアメリカの対決は、危機的状況にある。さらに、それへの、日本の関わり方を見ていると、思わず無言の世界に沈み込んで行きそうだ。原爆戦を、何としてでも避けたいという気持ちは募ってくる。しかし、安倍総理の姿勢は、全くのアメリカ頼みであり、トランプに、丸ごと、日本を任してしまったような、態度しかとっていない。国民には、秘密裏に、こそこそ話をして、意思表明をしているのだろうか。しかし、公式な彼の発言からは、2020年頃に、憲法改正の目途を置いていることしか伝わって来ない。つまり、この状況を利用して、平和憲法を変えてしまおうという、事だけだ。恐らく、彼はアメリカと肩を並べて、北と対決できない後ろめたさに、臍を噛んでいるだけなのではないか。北が、核戦争の装備を確立することを諦めることはないだろう。短気なトランプは、何らかの形で火蓋を切ってしまうのではないか。この際、北の核装備断念と、原爆戦とを秤に掛けて、一先ず、北から、戦火を開始しない条件は何かを、探ってみるべきではないか。トランプが言い出したように、実際に会って、話してみたらどうなのか。 彼らがやりたがっている事を、既に大国は、やってしまっている。だから、道義的には、北だけを、攻める資格はない。同等の汚れ方の可能性だけは与えながら、それがどんな不幸を齎す事であるかを、真剣に考えようと呼びかける所に、糸口はないのだろうか。国連で求めていることと、ズレては来るが、何百万という人間が、一瞬にして、肉塊と化してしまう危機を何としてでも避けなければならない。国の代表たるものの決意は、面子などで済ませられるものではない。

  恒兄から、「たそがれの記」の、記載上の指摘があったが、現在確かめている最中だ。Y兄からは、表現上の指摘が来ているだけだ。


5月2日(火)  八十八夜
 快晴、文字通り五月晴れ 朝から風が強い

  昨夜は、遅くまで、「たそがれの記(83)」だけが、ネット画面に呼び出せなかった。リンクの仕方には不都合はなかったと思うのだが。(82)の方は、朝から大丈夫だったのだから、同じINDEXからのリンクで、一方だけが不首尾というのも分からない。お願いしておいたN兄の手助けが、夜遅くなって功を奏したのかもしれない。告白すると、何年経験しても、相変わらず、ただ闇雲に動いているという「パソコン扱い」なのだ。これで終わってしまうのかも知れない。現在は、しっかり動いている。5月からも、今まで通り、書き続けられそうだ。

  アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮のキム代表と会談の用意があると言い出した。「好ましい状況が揃うなら」という条件付だが、それにしても、どうしたら、そんな状況が出来るのだろうか。強面一辺倒だったキム主席だが、そんなゆとりがあるのだろうか。しかし、一先ず熱を冷まして考えるのは、大歓迎だ。核競争を戦争を前提として、やられたのでは、周りが迷惑する。当事者国の国民だって、税金の大変な浪費を覚悟しなければならない。しかし、このような危機的状況になると、日米安保がどうの、盟主アメリカに忠誠を誓いすぎるの、などと、言っていられない状況に入ってくる。そして、ますます、危ない状況を呼び寄せ、国民自ら貴重な日本の憲法を遠退けて行く。安倍首相が、トランプの懐に逃げ込んで、「どうしても憲法改正だ、今がチャンスだ。」と念仏のように唱えているような気がする。明日、その憲法記念日を迎える。まさに、風前の灯である。

  恒兄が、4月25日で、87歳となり、米寿を迎える。 世話好きの妹・多喜子が、「励ましに行こう」と、言い出して、5日(端午の節句の日)に、二人で久が原を訪問することになった。 和子は、先日もお邪魔しているので、今回は留守番。僕一人で出かける。帰ってきてから、「菖蒲湯」に入ることにする。

  急に暑くなってきたせいか、体がだるく、今日は昼間3時間近く、寝床で眠ってしまった。昨夜遅く、2時頃、咳き込んで、眠れなくなった。30分程、居間に起きて来て、喘息の鎮静薬を口に吹き込み、じっと座っていたら、落ち着いてきて、また眠れた。そのせいで、眠りが浅かったのかもしれない。


5月1日(月)
 メーデー

 晴れ後、曇り 雨滴を微かに頬に感じたこともあったが、夕方、再び快晴となる

  メーデーの祭典に参加しなくなって久しい。中央メーデーの写真がテレビに出たが、相変わらず労働組合は存続しているし、 「総評」ではない主催者が、労働者の生活と権利を守るスローガンを掲げて、更新している。北朝鮮の労働者たちは、どんな生活を送れているのだろう。あれだけ、軍備にばかり税金を注ぎ込んでいたら、毎日の生活には、さぞ苦労しているのだろうと、僕が小学生だった頃、空腹に耐えかねていたのを思い出す。集団学童疎開での、食糧不足は、体に堪えるものがあった。妙義山麓では、こんにゃくばかり食べさせられた。まともに食べると、あっと言う間に無くなってしまうので、ご飯粒を、小匙で、練り潰して糊のようにしてそれをチビチビと、舐めるようにして口に運んだのを覚えている。時には、それを寝床に持ち込み、布団に潜り込んで、夜食にしたものだった。ご飯には、大量の小麦の丸粒が入っていたので、米だけを選んで練った糊のような「夜食」は、東京の空襲を心配しながらの「おやつ」でもあったのだ。

  今日から、「たそがれの記」は、83号に移った。昨日あたりから、またビルダーの使い心地が悪くなり、上手く、転送が出来ず、ネットの画面からは、僕自身もこのページが読めなくなった。 特に何かしたわけではない。N兄からも、メールで注意を受けているが、自分が何かしたという自覚は何もない。勿論、不注意で、どこかを押してしまった、というような不始末はあるかもしれない。インデックスから、上手く新しいページが呼び出せるかなという不安はあったが、なぜ不安を感じたかは、自分にも分からない。インデックスの「NEW」の文字の入った箇所が、83号になり、その右隣が82号にずれて、リンクされるのだ、と考えていた。だから、その通りに作業を進めてきた。しかし、何故か、ネットの画面になると、(82)の方は、リンクに成功しているが、(83)をプッシュしても、新ページが出てこない。 所定の場所に(83)が置かれていないらしいのだ。所が、僕には何故そうなってしまったのかが、分からない。前からあった(82)は、何の障害もなく取り込めたのに、新しく作ったページである(83)は、駄目だった。その途中で、何か起きたような気もするが、説明はできない。だからN兄の指摘してくれた手直し方法も、具体的には、何をどうしたらよいか、分からないのだ。自分が、何も分かってはいないのだ、と言うことだけが、分かって来る。

  常備薬として服用している、血流の薬や、血圧の薬など、僕と和子の薬が、無くなったので、今日、補充しに行ってこないといけない。和子は、コーラスの方で集まりがあり、診察は、次回で良さそうなので、僕だけで薬を取りに出かけた。先日のように転ぶことのないように、ただただ、ゆっくりと歩いて行ってきた。


 (2017年5月1日より、「たそがれの記(82)」は、ここ「たそがれの記(83)」に移ります。)