健三の「たそがれの記」


2019年を迎えるに当たって

     ある日の朝、目を覚ますと、体が動かなくなっているのに気が付いた。立ち上がろうとするが意思が筋肉に伝わって行かない。焦ってもがいているうちに、胸に悪寒が走り、重い吐き気がせり上がって来た。こうして、僕は、初めての脳梗塞の経験者となった。そして死なずに生きて行くことになった。人の人生の停滞が、このようにして始まるのを知った。狭山中央病院に入院することになり、停滞の意味を体験して行くことになった。救急車のサイレンと、何事が起きたかと囁き合う団地の人々。それに対応しているつまずくような答え方の和子。優しく明快な口調で質問を続ける医師たち、僕への対応を手際よく続けて行く看護師と技師たち。僕の頭の中に、途切れ途切れに残る記憶がはっきり甦る。遠く響き始めたサイレンの音。
 どの病院に入るかの躊躇逡巡があり、各種の検査も行われ、冷静な意識が甦ったのが、狭山中央病院の明るい二階の脳外科の病棟のベッドに身を横たえてからである。そして、まだ生きるぞと自分に言い聞かせていた。医師もリハビリの先生達も僕の精神を支えてくれるには十分誠意を見せてくれた。こうして病院生活が始まったのが4月26日の夜になってからであった。
 その後、元の体を取り戻すためのリハビリ生活が始まる。僕は、痩せてはいたが、食欲には自信があった。いつも食器を部屋で一番に空にし、歩行補助器を動かして一番に配膳車に辿り着き、「御馳走様でした」の声を響かせた。生きたかった。団地の自治会仲間たちとの再開が待ち遠しかった。もう一度コンピューターを操りたかった。競馬の予想をもう一度やりたかった。HPを続けたかった。「たそがれの記」を、仲間や教え子たちに読んで欲しかった。兎に角僕は生きたかったのだ。
 女房はもちろん、子供たちも優しかった。たびたび辺鄙な病院まで見舞いに来てくれたし、孫たちも励ましに来てくれた。85位で死んではならなかった。和子にも惨めな生活を強いることになる。徹は車を大いに役立ててくれた。未だに定期健診には和子と僕を運んでくれる。こんな家族を悲しませてはいけない。僕はよちよち歩きの子供のようなリハビリ歩行に夢中になった。
 こうして今の僕がいる。具合の悪かったパソコンを中古に切り替え、今までの記録活動や、仲間への呼びかけを再開した。しかし、決して簡単な事ではなかった。キーボードを叩く指先は、すっかり運動能力を落としていた。種々の記憶は何度も繰り返さなければ甦っては来なかった。字を書くのは下手になり、遅くなった。判断するスピードは亀のように鈍くなった。少しずつの回復は、何度も僕を苛立たせた。現在もそれが続いている。
 友人たちは皆優しかった。病院の新しい仲間も、団地の古い仲間たちも、僕が立ち直るのにどれだけ力になってくれたか、今心から感謝したい。そして、これまでの記録にも何度も登場してくれた友人の二村君には一方ならぬ力を戴いたことをお礼申し上げる。
 これからも気安くお付き合い頂ければ残りの人生を無上の喜びで貫けるだろう。
    2018年12月末日            高橋健三

 (ようやくメールも出来るようになりましたが、これまでのアドレスは使えずにいます。 僕の現在のメールアドレスは、以下の通りです。すこし長い名前ですがどうぞよろしく。心境をアドレスにしました。smilingkeng85restart@outlook.com)

 green-ball【スマホ用に文字枠を広く設定しています。パソコンの場合は、ブラウザーの表示幅を狭めると、読みやすくなります】


     
「たそがれの記」(93)New
2019.3.1〜
「たそがれの記」(92)
2019.1.1〜2.28
「たそがれの記」(91)
2018.11.1〜12.31
「たそがれの記」(90)
2018.9.1〜10.31
「たそがれの記」(89)
2018.6.26〜8.31
「たそがれの記」(88)
2018.3.1〜4.25
時事雑感
自己紹介
   書評集「本」      劇・映画評集       歩微笑(ポエム)      スナップ・ショット  

       
「たそがれの記」(1-1)
2001.3.20〜
「たそがれの記」(1-2)
2001.9.1〜
「たそがれの記」(1-3)
2002.1.2〜
「たそがれの記」 (2)
2003.6.27〜
「たそがれの記」 (3)
2003.11.1〜
「たそがれの記」(4)
2003.2.1〜
「たそがれの記」(5)
2003.4.21〜
「たそがれの記」(6)
2003.7.1〜
「たそがれの記」(7)
2003.9.10〜
「たそがれの記」(8)
2003.11.27〜
「たそがれの記」(9)
2004.2.15〜
「たそがれの記」(10)
2004.6.1〜
「たそがれの記」(11)
2004.9.21〜
「たそがれの記」(12)
2005.1.1〜
「たそがれの記」(13)
2005.5.1〜
「たそがれの記」(14)
2005.7.29〜
「たそがれの記」(15)
2005.10.16〜
「たそがれの記」(16)
2006.1.1〜
「たそがれの記」(17)
2006.3.1〜
「たそがれの記」(18)
2006.5.1〜
「たそがれの記」(19)
2006.8.1〜
「たそがれの記」(20)
2006.11.1〜
「たそがれの記」(21)
2007.1.1〜
「たそがれの記」(22)
2007.3.1〜
「たそがれの記」(23)
2007.5.1〜
「たそがれの記」(24)
2007.7.1〜
「たそがれの記」(25)
2007.9.1〜
「たそがれの記」(26)
2007.11.1〜
「たそがれの記」(27)
2008.1.1〜
「たそがれの記」(28)
2008.3.1〜
「たそがれの記」(29)
2008.5.1〜
「たそがれの記」(30)
2008.7.1〜
「たそがれの記」(31)
2008.9.1〜
「たそがれの記」(32)
2008.11.1〜
「たそがれの記」(33)
2009.1.1〜
「たそがれの記」(34)
2009.3.1〜
「たそがれの記」(35)
2009.5.1〜
「たそがれの記」(36)
2009.7.1〜
「たそがれの記」(37)
2009.9.1〜
「たそがれの記」(38)
2009.11.1〜
「たそがれの記」(39)
2010.1.1〜
「たそがれの記」(40)
2010.3.1〜
「たそがれの記」(41)
2010.5.1〜
「たそがれの記」(42)
2010.7.1〜
「たそがれの記」(43)
2010.9.1〜
「たそがれの記」(44)
2010.11.1〜
「たそがれの記」(45)
2011.1.1〜
「たそがれの記」(46)
2011.3.1〜
「たそがれの記」(47)
2011.5.1〜
「たそがれの記」(48)
2011.7.1〜
「たそがれの記」(49)
2011.9.1〜
「たそがれの記」(50)
2011.11.1〜
「たそがれの記」(51)
2012.1.1〜
「たそがれの記」(52)
2012.3.1〜
「たそがれの記」(53)
2012.5.1〜
「たそがれの記」(54)
2012.7.1〜
「たそがれの記」(55)
2012.9.1〜
「たそがれの記」(56)
2012.11.1〜
「たそがれの記」(57)
2013.1.1〜
「たそがれの記」(58)
2013.3.1〜
「たそがれの記」(59)
2013.5.1〜
「たそがれの記」(60)
2013.7.1〜
「たそがれの記」(61)
2013.9.1〜
「たそがれの記」(62)
2013.11.1〜
「たそがれの記」(63)
2014.1.1〜
「たそがれの記」(64)
2014.3.1〜
「たそがれの記」(65)
2014.5.1〜
「たそがれの記」(66)
2014.7.1〜
「たそがれの記」(67)
2014.9.1〜
「たそがれの記」(68)
2014.11.1〜
「たそがれの記」(69)
2015.1.1〜
「たそがれの記」(70)
2015.3.1〜
「たそがれの記」(71)
2015.5.1〜

たそがれの記」(72)
2015.7.1〜
「たそがれの記」(73)
2015.9.1〜
「たそがれの記」(74)
2015.11.1〜
「たそがれの記」(75)
2016.1.1〜
「たそがれの記」(76)
2016.3.1.〜
「たそがれの記」(77)
2016.5.1.〜.

「たそがれの記」(78)
2016.7.1.〜


「たそがれの記」(79)
2016.9.1〜
「たそがれの記」(80)
2016.11.1〜
「たそがれの記」(81)
2017.1.1〜
「たそがれの記」(82)
2017.3.1〜
「たそがれの記」(83)
2017.5.1〜
「たそがれの記」(84)
2017.7.1〜
「たそがれの記」(85)
2017.9.1〜
「たそがれの記」(86)
2017.11.1〜
「たそがれの記」(87)
2018.1.1〜
「たそがれの記」(88)
2018.3.1〜
「たそがれの記」(89)
2018.6.26〜8.31
「たそがれの記」(90)
2018.9.1〜10.31
「たそがれの記」(91)
2018.11.1〜12.31
「たそがれの記」(92)
2019.1.1〜